セントラル短資FX(セントラルミラートレーダー)の使い方や評判

セントラル短資FX

このページではセントラル短資FXが提供するFXシステムトレードソフト「セントラルミラートレーダー」について詳しく解説しています。

セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)とは

セントラルミラートレーダーは「セントラル短資FX株式会社」が提供するFXのシステムトレードソフトです。セントラルミラートレーダーは「セントラル短資FX株式会社」が提供するFXのシステムトレードソフトですね。

「セントラル短資FX株式会社」は2002年3月に設立された会社で2018年現在「上場企業」ではありませんが、「「セントラル短資FX」を擁するセントラル短資グループ自体は非常に古くからある金融グループです。セントラル短資の前身の会社の一つ「山根短資」は創業明治42年で、なんと100年以上も昔からある企業です。

セントラルミラートレーダーは上場企業の提供しているわけではありませんが、100年以上の金融ノウハウを有するセントラル短資グループが提供するものですので、一定の安心感はあると言えるでしょう。

ただし歴史ある老舗金融グループが提供しているシストレソフトといえども、セントラルミラートレーダーはあくまでFXトレードを自動化してくれるソフトですのでリスクは当然あります。利用する際はしっかりとリスク面も理解しておくことが肝要です。

セントラルミラートレーダーは稼げるシステムトレードソフトなのでしょうか?どんな特徴があるのか?評判は?オススメできるのか?さまざまな角度から検証し詳しくまとめてみました。

セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)の概要

ソフトウェア セントラルミラートレーダー
URL https://www.central-tanshifx.com/central-mirrortrader/
会社名 セントラル短資FX株式会社
所在地 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番14号
責任者名 代表取締役社長 松田 邦夫
電話 0120-30-8806 (カスタマーデスク)
金商 関東財務局長 (金商) 第278号
触れ込み 誰でもかんたん システムトレード!
世界中から集められたプロの戦略をえらぶだけこんな方に最適
・最近、自分流の取引に限界を感じる
・システムトレードに興味はあるが何をすればいいの
・システムトレードは初心者の自分では何だか難しそう
・売買プログラムを自作してみたが挫折した

セントラルミラートレーダー 特徴

それではセントラルミラートレーダーの特徴をザックリと説明して参りましょう。コチラはいわゆる「選択型システムトレードソフト」ですね。

※システムトレードソフトは大きく分けて「選択型」と「開発型」があります。詳しくは「別ページ ※システムトレードとは?」をご覧ください。

セントラルミラートレーダー ストラテジー

前述の通り、セントラルミラートレーダーの特徴は「ミラートレーダー」の名が示すとおり、あらかじめ用意されたストラテジーを選択するだけでカンタンにシステムトレードが始められるところですね。

ストラテジーとは、システムトレードにおける自動売買プログラムのことですね。ちなみにストラテジーの開発者や提供者のことをストラテジー・プロバイダーといいます。

セントラルミラートレーダーは世界中から優秀なストラテジーを募集しており、その募集にプロのプロバイダーが応募してきます。セントラルミラートレーダーは応募されたストラテジーの中から厳正な審査をクリアしたものだけをユーザーに無料提供していますので、ユーザーは好調なストラテジーを選ぶだけ。ストラテジーを選択すると、カンタンな操作をするだけで24時間、システムトレードが稼働するというわけです。

またセントラルミラートレーダーでは手動でトレードする「マニュアルトレード」も可能です。システムトレード中に任意の建玉を手動で決済することもできます。

セントラルトレーダーはストラテジーを評価できる!

セントラルミラートレーダーでは以下の3つのサイクルを回していくことが重要とされています。

・ストラテジーを選ぶ
・ストラテジーを評価する
・ストラテジーを入れ替える

このうち、ストラテジーを「選ぶ」と「入れ替える」という項目は、基本的な選択型システムトレードではだいたい行うものですが「評価する」というところはセントラルミラートレーダーの面白い特徴といえそうですね!

「ストラテジーを評価する」という項目があるということは、ユーザーがストラテジーを選ぶ際にも「実際にストラテジーを利用した第三者の評価を確認できる」ということですので、よりストラテジーの良し悪しが判別しやすそうです。

セントラルミラートレーダー 始め方・使い方

それではセントラルミラートレーダーの始め方・使い方について説明して参ります。FXのシステムトレードというとなんだか難しそうに思ってしまいますが、意外にカンタンにできちゃいます。そもそもシステムトレードソフトは、人が楽してトレードできるように開発されたものでもありますので、カンタンでないと意味がないですよね。

セントラルミラートレーダーの始め方もカンタンです。一般的な証券口座を開いたことがある方ならほぼ、それと変わらないくらいの作業でできてしまいます。

セントラルミラートレーダーの始め方 STEP1 口座開設の申し込み

セントラルミラートレーダーは「セントラル短資FX」が提供するシステムトレードソフトですので、まずはトレイダーズ証券の口座開設が必要です。口座開設の申し込みフォームから必要事項を記入しましょう。

セントラルミラートレーダーの始め方 STEP2 本人確認書類の送付

口座開設には必ず必要になる手順「本人確認書類の送付」です。これはどの証券口座開設でも必要な手順です。

セントラルミラートレーダーの始め方 STEP3 証券会社の審査

口座開設に必要な手順が終わったら、次は証券会社サイドが審査を行います。こちらも証券口座の開設においては必ず必要な手順となります。

セントラルミラートレーダーの始め方 STEP4 取引が開始できます

無事に口座が開設されたら、まずは「FXダイレクトプラス」口座に入金しマイページ内の振替機能を利用して「セントラルミラートレーダー」口座に振り替え入金を行います。その後はすぐに取引が開始できます。

取引に関しては3ステップのみ。

セントラルミラートレーダーの使い方 STEP1 優秀な(好みの)ストラテジーを選択

セントラルミラートレーダーでは多数のストラテジーが用意されています。ストラテジーの人気ランキングなどをチェックして証拠金などに応じて好みのストラテジーを選びましょう。

セントラルミラートレーダーの使い方 STEP2 数量または投資金額を指定

ストラテジーを選択したら、取引数量または投資金額を指定します。セントラルミラートレーダーでは取引数量の最小単位が5000通貨単位となっています。(一部のストラテジーでは10,000通貨以上のものもあります)

セントラルミラートレーダーの使い方 STEP3 取引開始ボタンをクリック

ストラテジーを選択し取引数量を指定したら、あとは取引開始を開始するだけです。

以上、非常にザックリとですがセントラルミラートレーダーの始め方・使い方の説明です。もっとしっかり詳しく知りたい方は公式HPをご覧くださいね。

セントラルミラートレーダー デモ口座・デモトレード

FXのシステムトレードソフトでは、仮想資金で練習できる「デモ口座」を用意してくれているところがありますが、セントラルミラートレーダーでもデモ口座が無料で使えちゃいます!デモ口座は実際の取引ではなく仮想取引のため、現実の損失は一切発生しません。仮想資金でデモトレードできちゃうので、本番前に試したい人には嬉しいですね。

セントラルミラートレーダー デモ口座・デモトレードの利用方法

デモ口座の利用方法は「メールアドレス」を登録し、登録後に送られてきた「ユーザーID」と「パスワード」を入力しログイン。その後はすぐにデモトレードが開始できます。

デモ口座での取引ルールは以下の通りです。

利用期間はデモ口座作成から30日間
仮想資金はデモ口座の作成時に開始残高に入力された資金からスタート。仮想資金がなくなると利用期間中でも取引はできなくなります。

デモ口座の約定時間とセントラルミラートレーダー取引口座の約定時間は異なります。
デモ口座においてスワップポイントの発生はありません。

セントラルミラートレーダー スプレッド

次はセントラルミラートレーダーのコスト面について説明して参ります。

システムトレードソフトはコストが安く抑えられるかどうかも非常に重要なポイントです。まぁシステムトレードの場合、裁量トレードに比べてスプレッドはあまり気にしない人が多いのも事実ですが、それでもスプレッドが狭いに越したことはありませんからね。

結論から申し上げて、セントラルミラートレーダーのスプレッドは業界最安値クラスと言われています。

しかし、具体的な数値に関しては非公開となっており、ホームページ上では確認できません。これは取引する時間帯などによってスプレッド幅が変動し、コストが均一でないことも理由の一つかもしれません。

セントラルミラートレーダーのスプレッドは業界最安値クラスと評判ですので、コストを抑えたい人にもオススメですが、詳しくスプレッド幅が知りたい方はまずはデモトレードなどで確認するのがいいかもしれませんね。

セントラルミラートレーダー スワップポイント

FXトレードでは低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで金利差を受け取ることができます。この金利差を「スワップポイント」といいます。外貨預金の利息のようなものと考えるとわかりやすいと思います。

セントラルミラートレーダーのスワップポイントはFXダイレクトプラスと同一のようです。

FXダイレクトプラス(セントラルミラートレーダーと同一)のスワップポイント表はコチラ≫

セントラルミラートレーダー 最低資金は?いくらから始められるの?

セントラルミラートレーダーはいくらくらいの資金があれば始められるのでしょうか?これも気になるところですね。少ない資金でも上手に使えるシステムトレードソフトなんでしょうか。

セントラルミラートレーダーの最低取引数量は「5,000通貨単位」となります。(一部のストラテジーでは10,000通貨以上のものもあります)

なかには「1,000通貨」から取引可能なシステムトレードソフトもありますので、この点においてセントラルミラートレーダーは特筆すべきところはないようですね。

取引数量の最小単位が「5,000通貨」というのがどういうことか、ザックリと説明します。

最低取引数量が5000通貨だと、1米ドル(USD)=100円(JPY)の場合は最低の取引金額は以下の通り。

100円×5000通貨=500,000円

セントラルミラートレーダーは最大で「25倍」のレバレッジをかけることができますので、理論上は20,000円の資金があれば、この最低取引数量のトレードはできることになります。

ただ、実際に数万円単位の資金でストラテジーを運用するのは現実的ではありませんし、リスク管理の観点から同時に複数のストラテジーを運用することが望ましいです。1つのストラテジーを運用するのに用意しておきたい目安資金が20万円~25万円程度だとすれば、同時に2~3程度のストラテジーを運用すると考えると60~75万円程度の資金は欲しいところであります。

(ただもちろん、ストラテジーによっても通貨ペアによっても必要証拠金は異なりますので、あくまで目安です。参考程度にお願いします)

最低取引数量が「1K(1,000通貨)」に設定されているシステムトレードソフトに比べると、最低資金の目安は少し多めに用意しておくのが好ましいでしょう。

セントラルミラートレーダー リスク

セントラルミラートレーダーはあくまでFXのシステムトレードソフトですので、当たり前ですがリスクは付き物。元本や利益が保証されているものではありません。FXの自動売買である以上、リスクは付き物ですので、利用する前にしっかりとリスク面について理解しておくべきです。

セントラルミラートレーダーのリスクについては、セントラル短資FXの公式HPをご覧ください。

セントラル短資FX リスク(公式HP)≫

セントラルミラートレーダーって結局儲かるの?

さてここまでの説明でセントラルミラートレーダーがどんなシステムトレードソフトなのか?ということはザックリご理解いただけたと思いますので、ズバリ「セントラルミラートレーダーって結局儲かるの?」という点について言及します。

まぁ一言で言ってしまえばセントラルミラートレーダーは、一般的な「選択型システムトレードソフト」ですのでやはり、相場状況に合わせて「最適なストラテジーを入れ替え続けるノウハウ・スキル」が必要です。

セントラルミラートレーダーだけでなく、選択型システムトレードソフト全般に言えることですが、いくらランキング上位の優秀なストラテジーでもどんな相場状況でも儲かり続けるということはあり得ないと思います。

選択型システムトレードソフトでは、ストラテジーを相場状況に合わせて入れ替えたり、相場状況にあったストラテジーを複数運用したり、その時々に合わせたストラテジーを選択し運用することが儲かるかどうかのカギ。やはり継続的に儲けるには、相場状況にあった最適なストラテジーを選択するノウハウが必要不可欠と言えるでしょう。

★オススメ★システムトレードソフト⇒個人投資家ゆうこりんも大絶賛のオートリッチ≫

セントラルミラートレーダー 評判(口コミ)は最下部から

セントラルミラートレーダーについての口コミは当サイトでも大・大・大募集中です!
セントラルミラートレーダーを利用したことがある方は「セントラルミラートレーダーの良いところ・悪いところ」などガンガン意見を聞かせてください。是非下記のフォームからドシドシ投稿してくださいね!